字幕なしで映画を観る

視覚情報なしに、音だけを聞いて会話をすることは、実は難しいことです。ある程度、英会話ができるようになっても電話だと普段通りにコミュニケーションが取れないことが多いことからもわかると思います。電話から聞こえる音だけだと、相手の表情やジェスチャーを見ることができません。表情やジェスチャーから得られる情報は意外と多いのです。したがって、英会話の初心者にとって、電話での意思疎通は難度の高い作業になるのです。


英語を勉強しる人には、字幕なしで映画を観られるようにすることを目標とする人が少なくないと思います。また、書店に並ぶ教材にも字幕なしで映画が観られようになると謳っているものもあります。このようなものを見ると、字幕なしで映画を見ることが意外と簡単なことであるかのようなイメージを持ってしまうと思います。しかし、字幕なしで映画の内容をきちんと理解するのは並大抵のことではありません。


なぜなら、映画で使われる英会話は、必ずしも英語教師が使うような一般的なものではないからです。たとえば、時代設定が古い映画であれば、今はほとんど使われなくなった英語が出てくるかもしれません。日本と同様、アメリカにも地域によってなまりがありますから、癖の強い発音だと聞き取るのが難しいでしょう。日本でいうと、津軽弁のようなものだと考えれば良いかもしれません。海外の英語を字幕なしで見るには、なまりなどの発音に関する知識も必要とされるのです。