英語を勉強する環境

たくさん英文を読み、生きた英会話に触れることで、さまざまな単語を使うのにふさわしい場面を学ぶことができます。アメリカではトイレのことを、“bathroom”といいますが、和英辞書で見つけた“lavatory”という単語を使うと、相手がすぐには意味を理解できずに戸惑ってしまいます。


英会話を上達させたいのであれば、周りが英語であふれている環境に身を置くことが良いと考えられています。たとえば、海外留学などです。日本語での会話を禁止し、テレビをつければ、すべて英語の番組。印刷物も全て英語で、同級生に日本人はほとんどいません。このように英語を使わざるを得ない環境は、英語の勉強にはぴったりの環境です。


海外留学は誰でも簡単に行けるものではないと思いますが、強制的に英語を勉強しなければならない環境が苦にならないのであれば行くべきだと思います。英語力は飛躍的に向上するはずです。


しかし、留学という恵まれた環境を活かせない人もいます。ある程度、英会話の基礎ができていれば、苦労をすることはあっても生活自体ができないということはありません。しかし、基礎が不完全な場合は、英語で自分の意思を上手く伝えられず、精神的な負荷も大きいです。日本では当たり前のようにできていたことにも手こずり、日常生活にも支障があるかもしれません。買い物一つとっても、欲しいものが何かを正確に伝えられず、わからないことを質問することもできず、多くの自由が奪われるでしょう。