語感が足りない人

英語の語感が不足していると、正しい英文を書けないおそれがあるといいます。もし、契約に英文の書類が必要となった時、このような人が書類を用意したらどんな書類になるか想像できますか?もしかしたら、契約が成立しないということもあり得るでしょう。最近は、英語のホームページを開設している企業も増えましたが、もしかしたら不適切な表現があるかもしれません。


英文の作成だけでなく、英会話でも語感は必要です。語感がないと、どのようなことが起こるのでしょうか。海外のとある大学教授のエピソードを紹介します。
教授は日本を訪れた時、公園を散歩していました。そのとき、一人の女性が話しかけてきたそうです。おそらく彼女は英語の勉強をしていて、勉強の成果を確かめたかったのでしょう。彼女は教授に“What is the purpose of your visit?”と質問したそうです。これは「滞在の目的は何ですか?」という意味ですが、どこがおかしいのかわからない人もいると思います。この訊き方は普通、入国管理局の職員が尋問するときのもので、日常会話にはふさわしくありません。通常は“What are you doing in Japan?”というように尋ねます。


この間違いがわからなかったのであれば、語感が不足しているといえるでしょう。どれだけ単語やフレーズを覚えていても、適切なものを選べなければ意味がありません。そして、語感を養うためには英文を読むことが必要です。英文をたくさん読んでいる人であれば、どのような場面でどのような単語を使えば良いか判断できるでしょう。