読解力と語感を鍛える

読んだ英文の量が少なければ、読解力や語彙力は低くなると思います。


逆にいうと読んだ英文の量が多ければ、読解力や語彙力が高くなるということです。文章を読まなければ読解力が上がらないというのは、日本語も英語も同じだと思います。


しかし、英語の学習において、英文を読むことはそれほど重要視されていないように感じます。また、英会話を習得するだけであれば読解力は必要ないと思うかもしれませんが、読解力をつければ英会話でもきっと役に立つと思います。


全く文章を読むことなく日本語が話せるようになったという人は、まずいないと思います。小さい頃には絵本を読み、成長したら小説や新聞を読んできたのではないでしょうか。にもかかわらず、英語の学習となると、文章を読むことの必要性を忘れてしまうようです。単語、熟語、文法などを勉強すれば、自然と読解力が上がると勘違いしてしまいます。


英文をたくさん読むことで得られるメリットもあります。それは、英語の語感を習得できるということです。語感とは単語や表現を見聞きした時に、概要がつかめるという感覚です。


英文を作成するとき、英語でどのように表現するかわからなければ、和英辞典で調べると思います。しかし、調べた単語が実はその文章に適していないということがあるそうです。和英辞典を引くと、「考える」という意味に対して“think” や“ponder” といった複数の単語が載っています。もし語感がなけば“ponder”というふさわしくない単語を使ってしまうでしょう。