読解力向上

市販の単語・熟語の本で勉強すると、意外と記憶に残りづらいのではないでしょうか。ある単語と日本語訳を見たとしても、特別な印象が残らないためすぐに忘れてしまうこともあるでしょう。しかし、自分で単語・熟語帳を作っていれば、その単語を書き留めた時のことも覚えているため、記憶に残りやすいと思います。


言語には、単語や熟語、文法、5文型といった要素がありますが、これらを習得しただけで読解力が上がるとは言えません。総合的な英会話の実力は複数のスキルを同時に使うことで発揮されます。したがって、5文型を覚えれば、英文が難なく読めるというわけにはいかないでしょう。5文型を学ぶことは確かに大切ですが、これはあくまで基礎でしかないのです。英会話が堪能な人は、英文を読むときに5文型を意識することはほとんどないでしょう。


読解力を上げためには、とにかく大量に英文を読むのがおすすめです。日本語の文章でも、本や新聞をたくさん読めば読解量が上がると思います。


また、語彙力は読解力をアップにさせるための要素の一つでしかありません。単語の意味がわからなければ英文の内容を理解できないのは確かです。しかし、文章を読まずに単語だけを覚えていても読解力はなかなか上がらないと思います。文章には単語、熟語、文法など、その言語を構成するベースの部分が含まれています。日本語で考えた場合でも、単語だけを覚えていては読解力が上がらないのではないでしょうか。文章を読むことで初めて読解力の向上につながるのです。