ネイティブスピーカーから学ぶ

独学で英会話の勉強をし、ある程度のレベルにきたら、ネイティブスピーカーに英語を教えてもらうのもよいと思います。ネイティブスピーカーが、よく使うフレーズや、実際の発音を知ることができるからです。


しかし、ネイティブスピーカーと話している時、あなたの発音や文法が間違っていたとしても正してくれる人はほとんどいないと思います。このようなことを訂正するのは、無礼なことだと考えられているからです。


たとえば、日本語を話す外国人のことを考えてみてください。発音に怪しい部分があったり、若干表現が間違っているとします。ただし、コミュニケーションを取るためには十分です。こうした相手に、いちいち間違いを指摘する人は少ないと思います。コミュニケーションを取ることが一番重要ですから。英語のネイティブスピーカーも同じです。間違いに気づいたとしても、わざわざ指摘してくれることはないでしょう。つまり、自分で間違いに気づくしかないのです。


では、どのようにして間違いに気づけばよいのでしょうか?まずは、ネイティブスピーカーがどのように話しているかに気を配ってみましょう。自分はこの場面であのフレーズを使っていたけど、ネイティブスピーカーは別のフレーズを使っていたなどです。違いに気づけたら自分も真似してみれば良いと思います。実際に使われている単語や表現を知ることで、自分の間違いを知ることができ、新しい表現を学ぶことにもつながるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です