音読のすすめ

「先生、英語がなかなかうまくならないのですが、どうやったら話せるようになりますか」と質問されるととがあります。こんな質問を受けた場合、「あなたは、声を出して読んでいますか」と私は逆に聞き返すようにしていますが、「はい」と元気な返事はなかなか戻ってきません。ほとんどの人が「いいえ…」と言って口ごもります。声を出さないで英語を勉強している人の英語力はかわいそうなほど伸びません。

英語を本当に身に付けようとするには、英語を理解する基礎回路の構築が先決です。建築に例えれば基礎工事です。家を建てる時、基礎工事することなしに、柱を立てたり屋根を造るなんてことはしないはすです。英語の勉強もまったくこれと同じです。基礎回路ができていない段階で、雑多な新しい知識を吸収しようとしても、ざるで水をすくうようなものです。単語や構文などをいくら頭だけで覚えたとしても、実際の場面では使えません。

外国語と母国語の関係

英会話ができるようになるためには、毎日の積み重ねが大切だと考えている人がほとんどだと思います。もちろん、続けることは大切です。勉強を続けてある一定の領域にたどり着くと、一気に英語力が伸びることがあるそうです。つまり、必ずしも勉強量と能力の向上が比例するわけではないということです。


英語の勉強で挫折する人の多くは、この段階に到達する前にあきらめていると予想できます。しかし、こういった現象があることを知っていれば、挫折せずに続けられるのではないでしょうか。


英語の能力を伸ばすためには日本語の能力も重要です。日本語の文章を読まない人は、英文を読むこともできないでしょう。また、日本語で上手に文章を書くのが苦手な人は、英文でも同じだと思います。日本語でも文章をほとんど読まないのに、英文だったらスラスラ読めるということは少ないでしょう。同様に作文の授業が苦手だった人が、英語であれば文才を発揮するということも考えにくいと思います。


外国語を習得するにあたり、母国語の言語能力は切り離せない関係にあります。日本人の日本語の基本能力は、人によってそこまで大きな差はないでしょう。しかし、基礎能力が不足している人が外国語を学ぶ場合、基礎能力が十分に備わっている人よりも苦戦するはずです。ある翻訳家も、英語の学習には日本語の能力がとても大切だと話していたそうです。英会話を効率よく上達させたいのであれば、日本語をないがしろにしないように気をつけましょう。